盗聴バスターズさいたま市取次店:盗聴バスターズが選ばれる理由 他社と異なる点
法人企業の皆様はコチラ
盗聴・盗撮・ストーカー【被害 常識・非常識】
一般家庭・個人の方はコチラ
【メディアでの活動】マスコミ各社様へ
盗聴調査・盗撮調査料金表はコチラ

2010年04月12日

ストーカーの実態

ストーカーの実態


過去5年間(2004(平成16)年〜2008(平成20)年)の状況によると、

被害者の性別は、女性が906人(84%)と約8割を占め、

年齢は、20歳、30歳代が多く、

行為者の性別は、男性が864人(80%)と大半を占め、行為者1,077の内、行為者不明の155人を除いた922人の年齢は、30歳代が343人(37%)(過去4年間)と最も多い。

行為者と被害者の関係は、全体の約89%が面識のある者による行為である。



秋田県警発表:

2009年昨年1年間に県警に寄せられたストーカー被害の相談件数は前年比22件増の90件、

家庭内暴力(DV)に関する被害の相談件数は同15件増の147件と、

いずれも過去 最多になったことが県警生活安全企画課のまとめで分かった。


不安生活.jpg
posted by 盗聴バスターズ さいたま市取次店:one by one 盗聴探査調査員 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 盗聴・盗撮 事件簿NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。